分類から検索

※学習者向けの言語別コンテンツは、下記一覧からも御覧になれます。

English

한국어

Español

Português

中文

Viet Nam

表示件数:    並び順:
全145件中 11~ 20件目表示  前へ 1 2 3 4 5 次へ

調査研究 - 調査研究報告書

? 日本人参加者にとっての交流プログラムの意義と問題点 ? 実習参加の制度と継続参加の状況 ? 継続参加者の得ている動的情報(事例を中心に) ? 事例にみるプログラムを巡る問題点
所有者:中国帰国者定着促進センター

調査研究 - 調査研究報告書

?.センター支援団体会員の実習参加の際に生じる問題 ?.第41 期における活動活性化の試みの実践報告 ? 今後の課題
所有者:中国帰国者定着促進センター

調査研究 - 調査研究報告書

1 はじめに 2 認知スタイル(cognitive styles)におけるFDI(場依存・場独立) 3 FDI理論とその発展 4 第二言語教育に関わるFDI研究 5 今後の研究課題とその方向 6 終わりに
所有者:中国帰国者定着促進センター

調査研究 - 調査研究報告書

中国帰国者(帰国孤児とその家族)の場合も、日本社会での定住をはかる際に、多様な次元の困難に遭遇し、受け入れ側とのさまざまなトラブルや適応障害事例が頻発している。こうした現状を前にして、適切な精神保健的援助体制のあり方がようやく問われはじめた...
所有者:中国帰国者定着促進センター

調査研究 - 調査研究報告書

1.現在の学習者評価の問題点 2.調査方法 3.調査結果 4.考察 5.今後の改善点
所有者:中国帰国者定着促進センター

調査研究 - 調査研究報告書

センター修了後、日本の各地に定着するが、研修修了時には将来への不安をより多く抱えている。センターでの研修中の様子から、特に日常生活に必要な場面の解決は困難があると考えられる。しかし、センター修了後このような学習者が、実際日常生活の行動をどの...
所有者:中国帰国者定着促進センター

調査研究 - 調査研究報告書

センターでは一般の日本人ゲストを招き、通訳を介した座談会という方法を用いて、日本と中国の文化の異同を明らかにしながら互いの文化への理解を助けることを目指してきた。本稿では座談会の目的、方法や実践記録を中心に現状を記述し、目標構造表と照らすこ...
所有者:中国帰国者定着促進センター

調査研究 - 調査研究報告書

本稿は、1996年に行った、所沢の中国帰国者定着促進センター(以下、所沢センター)修了生に対する日本語学習ニーズ等についての調査報告と同時に行われた修了生の呼び寄せ家族に対するニーズ調査の報告である。
所有者:中国帰国者定着促進センター

調査研究 - 調査研究報告書

本調査の目的は、定住している帰国者の中の学習困難者が持つ学習ニーズを、できるだけこの人たちの生きる世界に即して、実際の支援につながるような具体性をもって把握することにある。
所有者:中国帰国者定着促進センター
全145件中 11~ 20件目表示  前へ 1 2 3 4 5 次へ